くつろぎをもたらす
テラス付きの家

群馬県高崎市にある、SE構法によって建てられた「テラス付きの家」。その美しい施工例と共に、施主の想いや建築会社を紹介していく。

プライベートテラスだから
視線を気にせず楽しめる
プライベートテラスだから
視線を気にせず楽しめる
プライベートテラスだから
視線を気にせず楽しめる
プライベートテラスだから
視線を気にせず楽しめる
プライベートテラスだから
視線を気にせず楽しめる
プライベートテラスだから
視線を気にせず楽しめる
icocochiのテラス付きの家
icocochiのテラス付きの家
icocochiのテラス付きの家
icocochiのテラス付きの家
icocochiのテラス付きの家
icocochiのテラス付きの家
建築会社
icocochi(渋沢テクノ建設株式会社)
高崎のSE構法登録工務店
icocochi(渋沢テクノ建設)
icocochi(渋沢テクノ建設株式会社)

高崎市・前橋市を中心に家づくりを行う、「icocochi(いここち)」のスタートは1978年から。高崎市内におけるSE構法登録工務店、重量木骨の家プレミアムパートナーとして、強固でハイセンスな木造住宅を手掛けている。

icocochi公式HPへ

電話で問い合わせる

icocochiスタッフが語る、
いここちのいい家づくり

テラスを設けてプールを置きたい、日光をたくさん入れたい。家を建てるにあたって、施主からはそんな要望があったという。icocochiが土地を探したところ、人気地域では珍しく、南道路で日当たり良好な土地が見つかった。しかし、通りに面しているため、大きな窓を設けてもプライバシーが保てず、カーテンが閉め切りになってしまう。

そこで、施主が希望したテラスとプライバシーを叶えるために、テラス前に目隠しになる塀を作ることをicocochiから提案。結果的に、テラスに工夫を加えたことによって、カーテンを常時閉める必要がない開放的な暮らしが叶った

icocochi公式HPで
施工例をさらに見る

電話で問い合わせる

icocochi施主が語る、いここちのいい暮らし

icocochiでプライベートテラス付きの家を建てた、河合さんご一家のエピソードをご紹介。元々、マンションに暮らしていた河合さんご一家が感じた「戸建ての課題」をカバーするために、icocochi設計士から提案されたのが「プライベートテラス」とのこと。詳しく話を伺った。

子どもがいる暮らしを安全で豊かにしたかった

icocochiプライベートテラスの家
河合さんご一家は、ご夫婦と未就学児のお子さまの4人家族。「当時は分譲マンションに住んでいましたが、1人目の子どもが産まれて暮らしが一変しました」とご主人が語るように、夫婦に初めて新しい家族が増えたことが戸建てのマイホームを考えるきっかけになった。

例えば、育児や家事のサポートをしてくれる親族や、子どもの顔を見に来てくれる友人たちなどで来客が多くなり、マンション住まいだと駐車スペースに確保が大変だったという。高層階の部屋だったことから、「子どもが成長して動き回るようになると、窓やベランダから落下するのではという不安を抱えるようにもなりました」とご主人。

親族や友人を気兼ねなく家に招くことできるような広い駐車場を備えた、子どもがのびのびと遊び回れる安全な家を建てたい――。ハウスメーカーなどさまざまな業者を検討する中で、夫婦で考えた理想のマイホーム像にぴったりだったのが、icocochiだった。icocochiと土地探しから始め、子どもの成長や家族がゆったり過ごせることに配慮した閑静な住宅街に決めた。icocochiには、住環境を決める段階から「子どもがいる暮らしを考慮してもらえました」とご主人は語る。

icocochiが自信を持って送り出す設計士の提案で、
プライベートテラスがマイホームの象徴に

icocochiプライベートテラスの家
高層マンションから戸建てへ引っ越すにあたり、日当たりやプライバシーの違いが気になった。「もともとマンションの高層階に住んでいたので視界を遮るものもなく、日当たりも良い。周囲を気にせず窓を開けて過ごしていました。ところが、戸建てだと話は違うんですよね」とご主人。そんな戸建てならではの課題をクリアにしたのが、「プライベートテラス」だった。

河合さん一家の土地は敷地の3面が隣地に囲まれているため、通行人や近隣からの視線に配慮が必要だった。周囲からの目に配慮しつつ、家族でのんびりと過ごせる空間として、icocochi設計士の佐藤さんから「プライベートテラス」の提案があったという。具体的に、道路側に面したリビングに大開口の窓を設置し日差しを取り込み、室内全体をぐんと明るくした。窓の先には、真っ白なウォールで囲んだテラスを配置。プライバシーと開放感を両立したプライベートテラスが、マイホームの象徴になった

「洗濯物を干したりする生活スペースとしてのテラスとはまた違う、家族の憩いの空間としてのテラスです。子どもたちが走り回っても安全。屋根もあるのでちょっとした雨でもボールやシャボン玉で遊んだりできるし、夏にはプールを出してはしゃいでいます」とご主人は語る。

icocochiで作ったマイホームは、家族がのんびりと楽しく過ごせる工夫がいっぱい。もちろん、プライベートテラスは家族全員のお気に入りだ。

マンション時代に頭を抱えていた、駐車場スペースを確保できたことも大きい。「駐車場は車4台分作ったので、親族や友人たちに気兼ねなく来てもらっています」とご主人。共働き夫婦のライフスタイルに合わせ、洗濯動線や収納動線をまとめて家事の負担を軽減。機能性が高く安全な間取りで、子どもたちは元気に家中を走り回っているという。

「和室のスペースを作っているのですが、まだ小さい子どもたちはそこで遊ぶのが大好き。リビングのソファを動かすと子どもの遊び場が広がります。親としても、子どもを安全に遊ばせながら家事などができるのは嬉しいですね」。

寄り添う心と熱意に胸を打たれ…「icocochiで良かった」

icocochiプライベートテラスの家
冬は暖かく、夏は涼しいので一年中快適に過ごせます。icocochiさんが得意とする「SE構法」だから、間取りの自由度が高くてデザイン性も良いし、日当たりも良好なのはポイントですね」家を建てたことでより家族の時間が楽しく、豊かになったという河合さんご一家。

家を建てて良かった、と感じるのはその住み心地の良さだけではない。新しい家に住み始めたばかりのある日、河合さんの家を台風が襲った。

「激しい風雨の中、担当者の方がうちにいらっしゃったことがあって。こちらから来てくださいとお願いしたわけではないのですが、わざわざ家に破損や不具合がないか確認してくれました。ご自身の家も心配だっただろうに。」とご主人。それほどまでに、自社で手掛けた家や施主へ熱心に寄り添うicocochiの姿勢に胸を打たれた出来事だったという。

家にも施主にも寄り添い向き合う、icocochiならではのイベントがある。河合さんご一家も楽しみにしているという、施主を招いたicocochi主催のパーティーだ。

「我が家も家族みんなで参加しています。家づくりを担当してくれた設計士さんやスタッフさんを囲んでバーベキューをしたり、他のご家族の方と交流して仲良くなったりするなど、とても楽しいです。icocochiさんと私たち施主とで一つの大きな家族のような感じで、いいですよね。icocochiさんで家を建てて本当に良かったなと思います」とご主人。

家とそこに住まう人に寄り添う心。icocochiならではの魅力に、河合さんご一家も太鼓判を押す。

屋外の時間も楽しめるicocochi「テラス付きの家」の魅力

icocochiテラス付きの家

一般的に、建物の外に突き出すスペースのうち、1階部分をテラスと呼ぶ。テラス付きの家を建てるにあたって、どのようなポイントを抑えると良いのだろうか。

趣味に合わせた使い方で憩いの場に

庭やバルコニーと同様に、テラスはプライベートな屋外空間。休日に友人を招いてBBQをしたり、太陽光の下で読書をするなど、テラスでは趣味に合わせてあらゆる時間の使い方ができる。子どもにとっても、テラスは良い遊び場になるだろう。

テラスに屋根を付ければ雨や風を防げるため、洗濯物を干したり自転車を保管したりなど、使い道の幅が広がる。熱線をカットするポリカーボネート屋根材を付ければ、明るさを確保しながらも遮断効果を発揮。室内の冷暖房効率向上が期待できるはず。

icocochiが提案する、見た目の違和感を軽減するテラスの付け方とは

テラス付きの家を建てるにあたって注意しなければならないポイントとして、雑然とした印象や断絶感、室内空間と屋外空間の接続に違和感を生み出さないよう留意しなければならない。リビングの床にはフローリングを、テラスの床にはデッキ材を選んだ場合には、木材の張りの向きを同一方向に統一することで見た目の違和感を軽減できる。バリアフリーの観点からも、段差を設けずに室内と屋外の床高が同じになるようにすると良いだろう。

テラスを設置する際には、機能面にも最大の配慮が必要だ。室内に水が入ってこないようにするために、室内側を水上として床材の下に勾配を設けるなど排水には十分に注意。掃除やメンテナンスのしやすさについても、あらかじめ考えておきたい。

活力を与えてくれるテラス付きの家

家に広い屋外テラスがあれば、どのような暮らしになるか想像してみよう。家族と一緒に過ごす時間は、どのような思い出を作れるのか。テラスに立っていると、自然に吹いてくる風を身体で感じながら、陽光が降り注ぎ、夜空には星。屋外で食べる食事は、きっと格段に美味しく感じられることだろう。そこには、屋内では感じられない開放的で心地よい時間を過ごすことができる。

最近では、「アウトドアリビング」とも呼ばれる広い屋外テラスは、このようにすこし想像しただけでも、暮らしのなかに様々な楽しみをもたらしてくれることがわかる。リビングで過ごす憩いの時間は、これまで以上に生きるために必要な活力をチャージしてくれると言っても過言ではない。下記では、テラス付きの家が叶えてくれる様々なメリットについてみてみよう。

自宅にいながらリゾート感がある暮らし

屋内空間と緩やかに連続しているテラスがある家では、テラスをアウトドアリビングとして活用することができる。ひとりでゆっくりと読書をし、家族や仲間と賑やかに過ごすといった生活を送れることだろう。いつものリビングで送れるような時間であっても、場所が屋外になるだけで、「非日常」な感覚を味わうことができる。

屋外の空間で過ごす時間は、思い出に残りやすいのもテラス付きをおすすめしたい理由のひとつだ。友達を呼ぶホームパーティーでも、屋外テラスがあればいっそう賑やかで豪華な盛り上がりを迎えられる。パラソルや熱帯系の植物などのインテリアを飾れば、海外のリゾート地で楽しんでいるかのような開放的な気分にもなるだろう。ランチや読書の時間であっても、場所が屋外のテラスになるだけで、南の島やアジアンリゾートにいるかのような楽しみ方ができる。

話題の「おうちキャンプ」やバーベキューも手軽に

テラス付きの家では、屋外アクティビティも気軽に楽しむことができる。特に、最近ファミリー層で行われているのが「おうちキャンプ」だ。レジャー施設に赴かなくともテラスがある家で楽しむおうちキャンプは、子どもがよろこぶこと間違いなしのイベントになる。カトラリーなどのアウトドアグッズに、ミニタープやテントを張ってお弁当を食べれば、自宅にいながら気軽にアウトドアの体験を楽しむことができるだろう。

同様に、「おうちバーベキュー」も屋外テラスの楽しみのひとつである。バーベキューコンロがあれば、仲の良い近所の友人を交えて、気軽にお肉を焼いて味わうことができる。時間をかけて自動車でキャンプ場に出かけるのも悪くはないが、自宅でバーベキューができれば、小さい子どもがいても心配ない。

ヨガやガーデニングなど女性の趣味も充実

屋外テラスがあれば、アパートのベランダなどよりもガーデニングの幅が広がる。広いスペースに様々な植物や花々を置けるため、本格的なガーデニングを楽しむことができるだろう。花々を思い思いにアレンジしたり、自由にレイアウトすることができるほか、ガーデニングに使用する道具なども屋外テラスに置くける利便性の高さも忘れてはいけない要素だ。

さらに、女性のあいだで人気が高まっているヨガなどのフィットネスもまた、屋外で行えば、よりいっそう充実感が増した時間になることだろう。空を仰ぎながら、新鮮な空気に触れるように、自分自身の身体と向き合うヨガ。そんな質の高いフィットネスを気兼ねなく自宅で行えるのもテラス付きの家の魅力と言えるだろう。

機能性やデザイン面のメリットも

屋外テラスのメリットは、単純に床面積が増えるだけではない。屋外にスペースができることで、子どもを安全に遊ばせることができる場所にもできるし、洗濯物もたくさん干すことができる。家族の人数が多い場合、洗濯物を干せるスペースが狭い場合、洗濯物を取り込んでは干さなければならないが、広い屋外テラスがあれば手間を軽減することができる。

住宅そのもののデザイン性が高まることも、テラスのメリットのひとつだ。屋外テラス付きの家には、外から眺めてもお洒落な雰囲気が漂う。実際、テラスにも様々な種類があり、そこにインテリアやテーブルなどの屋外家具などを揃えてコーディネートできれば、こだわりの空間になることは間違いない。

テラスには防水性のものを置こう

屋外に設置することになるテラスにおいて気を付けたいことは、テラスそのものはもちろん、そこに設置する家具やインテリアなどは、すべて防水性にしておくべき、ということだ。テーブルや椅子が雨風で痛んでしまうと、せっかくテラスで過ごす時間も快適でなくなってしまう。もちろん、雨風でテラスに運ばれてきたホコリや砂といったゴミもこまめに掃除しておきたい。

また、夏場の昼間などテラスが高温になってしまう季節に備えて、テラスの床面は木材にしておくと良い。コンクリートやタイルが床材になっていると高温になりやすいため、屋外の照り返しは注意が必要だ。

icocochiからの一言
テラスにこだわりつつも安全性は「SE構法」で

テラスにこだわりつつ、家自体の耐震性にも目を向けたい。従来の構法でもテラス付きの家は十分に叶うが、テラス面に幅広く大きな開口を設けることができ、耐震性も担保する「SE構法」という選択肢を検討してみてはいかがだろうか。

取材協力
icocochi(渋沢テクノ建設株式会社)
高崎のSE構法登録工務店
icocochi(渋沢テクノ建設)
icocochi(渋沢テクノ建設株式会社)

高崎市・前橋市を中心に家づくりを行う、「icocochi(渋沢テクノ建設株式会社)」のスタートは1978年から。高崎市内におけるSE構法登録工務店、重量木骨の家プレミアムパートナーとして、強固でハイセンスな木造住宅を手掛けている。

icocochi公式HPへ

電話で問い合わせる

究極の注文住宅アイディア選集編集部とは

「究極の注文住宅アイディア選集」では、家づくりを楽しむ人にとって「アイディア」となるような全国の美しい住宅を紹介している。究極の注文住宅を建てる工務店の想い、美しい施工例から、あなたの家づくりのアイディアに繋がるヒントを見つけてみてはいかがだろうか。

icocochiが描く「住」とは