ハイセンスな
スキップフロアの家

群馬県高崎市にある、SE構法によって建てられた「スキップフロアの家」。その美しい施工例と共に、施主の想いや建築会社を紹介していく。

スキップフロアで
敷地の魅力を最大に引き出す
スキップフロアで
敷地の魅力を最大に引き出す
スキップフロアで
敷地の魅力を最大に引き出す
スキップフロアで
敷地の魅力を最大に引き出す
スキップフロアで
敷地の魅力を最大に引き出す
スキップフロアで
敷地の魅力を最大に引き出す
icocochiスキップフロアの家
icocochiスキップフロアの家
icocochiスキップフロアの家
icocochiスキップフロアの家
icocochiスキップフロアの家
icocochiスキップフロアの家
建築会社
icocochi(渋沢テクノ建設株式会社)
高崎のSE構法登録工務店
icocochi(渋沢テクノ建設)
icocochi(渋沢テクノ建設株式会社)

高崎市・前橋市を中心に家づくりを行う、「icocochi(いここち)」のスタートは1978年から。高崎市内におけるSE構法登録工務店、重量木骨の家プレミアムパートナーとして、強固でハイセンスな木造住宅を手掛けている。

icocochi公式HPへ

電話で問い合わせる

icocochiスタッフが語る、
いここちのいい家づくり

3世代が暮らす、スキップフロアの家。「おばあ様のご友人が遊びにきやすいように、仕切りを設けつつも扉を開けると一体空間になる」といった、プライバシーに配慮しつつも、家族間のコミュニケーションを保てる空間の設計にこだわった。

家族間のコミュニケーションという意味では、スキップフロアの存在も一役買っている。スキップフロアのちょうど良いフロアの差が、空間の繋がり、家族の視線の交わりを生み出している。

南側には家があり、日当たりはあまり良くなかったので、屋根の上と東側の窓から家の中心に日が入るよう計画して採光を確保。天井まで続く壁に小窓を設け、閉鎖的ながら光が入るよう配慮した。優しい光が家全体に広がる、施主自慢の一軒になった。

icocochi公式HPで
施工例をさらに見る

電話で問い合わせる

icocochi施主が語る、
いここちのいい暮らし

icocochiでスキップフロアのある家を建てた、伊草さん一家にお話を伺った。icocochiスタッフと出会い、家を建て、「人生観が変わった」とまで話す。どのように家づくりを楽しんだのだろうか。

空間設計だけではなく住宅機能でもいここちのいい空間を

スキップフロアの家伊草様

実は家を建てるのは2回目だという伊草さん。最初の家を建てたとき、ご主人は30歳前後で家のことは詳しくなかった。出来上がったのは没個性的な和風建築。そのまま最初の家を終の棲家にすることもできが、母親の事故をきっかけに同居を決意。2軒目の建築に乗り出した。

伊草さんご一家がicocochiで家を建てる決め手になったもの、それはモデルハウスに入った瞬間の空気感だった。icocochiからは、今まで行ったモデルハウスと明らかに違う印象を受けたという。

icocochiで建てた伊草さんの邸宅は、スキップフロアによる2.5階建て。玄関ホールから大聖堂を思わせる吹き抜けが立ち上がり、高い天井にファンが回っている。母親の部屋、納戸、トイレ、風呂場を除いて扉がないため、トップライト(天窓)からふりそそぐ光を遮るものがない。空間の広さがより際立っている。

「南側の隣家との間隔が狭く、東側が駐車場でしたので、仕切りを設けずにどこにいても人の気配を感じられるような家を建てたいと考えていました。要望通りの家が叶いましたね」とご主人。

そのほか、icocochiの家は大原則として、床下エアコン、機械による24時間換気システム、漆喰の壁、無垢の床材の4点セットを備えている。漆喰の壁は除湿効果と消臭効果が期待でき、床材は天然素材。そこに換気システムが加わることで、室内でもクリアな空気を感じることができるのも魅力だ。

ミリ単位までこだわるicocochiとの出会いで「人生観が変わった」

icocochiスキップフロアの家

家づくりにあたって伊草さんと設計士の間で数センチの差にまでこだわった。「ソファーに座ると頭がちょっとだけ出る」というリビングの壁、「立つと見えるが、座ると隠れる」という子ども部屋の仕切りの高さなど。ヒアリングから設計に入ってからも、13回前後は打ち合わせたという。奥さまは、夜勤の務めに出る前にもicocochiで打ち合わせをしていたそうで、当時を「楽しかった」と振り返った。

「スタッフの方が親身になってくれて、友達感覚で話せました。距離感が近いので要望を出しやすかったですし、嫌なことも言いやすいのが良かったです」と奥さま。

ご主人は「細かいところまでこだわった家を作ってもらえる。大工さんも感じがいい人でした」と語り、特注した長さ8メートルの通し柱を1人で持ち上げてみせたという大工の話を聞かせてくれた。部材の寸法の収まり具合にこだわりがあり、ミリ単位で追求する職人だったそう。伊草さんご夫婦にとって、営業担当者も、設計士も、現場で働く大工も、すべての段階で関わったicocochiスタッフとのやりとりが良い思い出になっている。

「人生観変わりました。前の家とは雲泥の差。知識を得て生活するのは大事だと思います。出会いは大切ですね」。

高低差を楽しむicocochi「スキップフロア」の魅力

icocochiスキップフロアの家

スキップフロアとは、高低差をつけた床を数段の階段で繋ぎ、「中二階」「中三階」を設ける住居の作り方である。住居にスキップフロアを設けることにより、どのようなメリットがあるのだろうか。

icocochiのスキップフロアなら空間を広く見せ、無駄にしない

スキップフロアを取り入れることにより、室内に縦方向のリズムが生み出され、実際の面積よりも視覚的に住居空間が広く見える。光を取り入れるための工夫もしやすいので、部屋全体を明るく圧迫感が少ない空間にすることが可能だ。

また、スキップフロアによる段差が発生することで、床下部分を収納スペースとして活用できる。空間を無駄にしないので、収納スペースを広くとりたい、でも狭小地で面積が足りないと悩んでいる施主には特にスキップフロアをおすすめしたい。

高低差のある土地に家を建てる場合、どうしても1階部分より下がるデッドスペースが発生する。こうした場合にもスキップフロアを上手く取り入れることで、立地の短所を長所に変えられるだろう。特殊な土地での家づくりに悩んでいる方は、一度設計士に相談してみてはいかがだろうか。

段差に注意しつつも健康へのアプローチに期待

スキップフロアの注意点として、屋内の段差が増えるので高齢者の方が同居する場合には注意したい。ただ、平坦なフロアよりもスキップフロアのようにある程度の段差があることで、足腰の健康へのアプローチに繋がる。

事故には注意したいものの、一概にスキップフロアを懸念する考えは避けたいものだ。

icocochiのスキップフロアでメリットを最大限に

スキップフロアにも様々な種類があるが、基本は同一平面となるフロアに、その床とは高さをずらした間取りをしつらえることを「スキップフロア」と呼ぶ。
中二階や半地下といった具合に、建物の1階部分にスキップフロアがつくられることもあれば、ほとんど2階部分の床と同じ高さまで段差があるものも珍しくないため、フロアからの高さは、好みやライフスタイルに応じて決めると良いだろう。
スキップフロアの間取りに共通して言えるのは、横ではなく縦方向に、空間の活用を拡張すること。広い面積を確保できないフロアでも、縦の空間をうまく有効活用することができるようになる。
また、階段の高さ数段のところにあるようなスキップフロアは、空間の仕切り方をも変えて見せてくれる。言い換えれば、建物の階段、廊下、壁などによって、それぞれの間取りが完全に隔てられていないためということ。空間と空間がそれぞれに仕切りとしてスキップフロアがあっても、緩やかに繋がっているような間取りになるのである。ゆるやかな連続性で繋がれた間取りは、空間の広さを残しながら、連続性がある仕切りで繋がれた「もうひとつのフロア」を同時に作り出すかのように見せてくれる。
このスキップフロアの特徴は基本であるが、だからこそ、それ自体でもそのままメリットになり、さらにそれだけに留まらない魅力を持っている。「もうひとつのフロア」はお洒落さ演出しつつ、実用性も高い空間にもなる。

狭小住宅のデメリットをメリットに変える

スキップフロアは空間を有効活用できる特性は、日本の住宅事情、特に狭小住宅での活用に大きな魅力を生む。
実際、一世帯でコンパクトな暮らしをすることができる狭小住宅では、スキップフロアにあらためて注目や人気が集まっているのだ。
広い敷地面積を確保することが難しい日本の住宅では、空間の有効活用がテーマのひとつだろう。スキップフロアがつくりだす空間の仕切り方は、壁でも、廊下でもない、数段ぶんの段差によってつくりだす「もうひとつのフロア」であるため、本来必要であった廊下や壁のぶんのスペースを取らずにすむ。そのぶん、収納スペースや部屋に床面積を利用できるようになる。
スキップフロアは、建築面積が限られている日本の住宅にとっては、相当に有効な間取りというのも納得できるだろう。
空間の有効活用はもちろん、デッドスペースの有効活用も可能になる。高低差があるもうひとつのフロアのおかげで、収納面でも床面積を有効活用することができるのである。

視線の抜けがよい

フロアの高さをずらして、縦方向の空間を有効活用するスキップフロアは、空間の視線の抜けがよい。つまり、実際の空間よりも広い空間であるかのような、視覚的な効果が生じるため、窮屈な感覚が解消されるのである。空間の内部に立体感が生まれると、単調な空間から流動的な空間へと感じることができるようになる。単調な空間では、暮らしていても視覚的な変わり映えがしないものだが、スキップフロアであれば、その空間に足を踏み入れるたびに、視線の抜けの良さによるちょっとした高揚感を覚えられるのだ。
また、同様に視線の抜けがよくなる間取りのメリットとしてその他の空間づくりと比較するとコストを抑えられる点にも注目したい。例えば、空調にかかるコスト。「吹き抜け」がある住宅の場合、確かに高い天井のために視線の抜けが抜群だが、空間そのものが拡張されているため、空調などを効かせるために通常の間取りよりも電気代がかかってしまう。しかし、スキップフロアであれば吹き抜けの空間よりも空気の気積量が少ない。そのため、空調などのランニングコストを抑えることができるのである。

遊び心ある空間になる

実際にスキップフロアの空間に足を踏み入れた時に感じられるのが、スキップフロアは建てる人の遊び心を存分に堪能することができる空間となる。数段ぶんの段差でうまれたもうひとつのフロアは、空間を立体的・流動的なものにし、見せ方ひとつで様々な顔を覗かせる。
遊び心は単なる印象だけではない。実際に、スキップフロアがあれば、様々な遊び方ができるようになる。例えば、スキップフロアは子どもの秘密基地になるし、段差に滑り台を設置することも可能だ。奥まった場所であれば、落ち着いて自分の趣味を存分に楽しむことができる空間にもできるし、シアタールームや書斎にしてもいい。ガレージハウスのようにスキップフロアをつかうこともできるだろう。
まさに、アイディア次第で様々な遊び方を自身の家でできるのだ。それは、活気付いた空間がなせる、活動的なライフスタイルなのである。

家族との距離が近いものに

遊び心があり、実際に遊ぶこともできるスキップフロアの間取りがあれば、一緒に暮らしている家族との繋がりも増やすことができる。子どもが小さければ、スキップフロアにテントを張ったり、小さな滑り台を設置して遊ぶことはきっと気に入ってくれるだろう。
また、子どもが大きくなっても、スキップフロアの空間には壁がないため、家族の存在をすぐ近くに感じることができる。呼ぶ声はすぐに届くし、目で見えるところに家族がいて、その様子を確認できるため、自然とコミュニケーションをとる機会も増えることは間違いない。目の届くところに家族の姿があるというのは、落ち着きと喜びを与えてくれるものなのである。
各部屋への仕切りがないということはドアだけでなく、そこに繋がる廊下も最低限になるということ、各フロアへの行き来がとてもスムーズになり、日常の動きが活動的、流動的になることも距離を縮める要因と言える。コミュニケーションを活発に取れるようになることもスキップフロアのメリットだろう。

住環境の向上

スキップフロアは、空間の日当たりや風通しを良くしてくれることも挙げておきたい。例えば、スキップフロアに窓を設置すれば、段差の分高くなり、壁や廊下によって間取りが隔てられていないことも手伝い、空間全体に日光が届くようになる。窓からの新鮮な風も阻まれることなく住宅に流れてゆくことだろう。

プライバシーの保護にも一役

ふと何気なく窓から外を見た瞬間、住宅の前を歩く通行人と目があったり、隣家の窓から除かれてしまい、落ち着かない感覚に陥ってしまうことがある。しかし、だからといって、日がな一日、ずっとカーテンをしめておくことも暗い気分になってしまう。「通行人や隣人からプライバシーを守り、ゆったりと落ち着いた暮らしがしたいのに、なかなか実現できない。」そうぼやく人も珍しくはない。
こういった悩みの解消に対しても、スキップフロアは一役買ってくれる。スキップフロアは、屋外の通行人や隣人と目線が合いにくいようにしてくれるからである。そもそも視線があってしまうのは、自分と相手が同じ平面の上にいるからだ。しかしスキップフロアは、数段分高い場所にあるもうひとつの平面になるため、異なる高さの目線で暮らすことができるようになる。もしこれから交通量が多い地域や都心部に住むのであれば、スキップフロアはプライバシーを守るという点からもおすすめしたい間取りなのである。

斜面を有効活用

空間を段差で仕切るスキップフロアは、斜面地に住宅を建てる場合にも有効な間取りになる。実際、高低差がある土地に建物を建設するのであればスキップフロアは有効な手段のひとつであると言えるのだ。もともとあった斜面を有効活用しながら、その土地にあわせた住宅を手に入れることができる。
坂道に立つ土地、山間の土地、ひな壇状の段差がある土地。こういった斜面地に住宅を建てる場合は、盛り土をしたりすることで土地を平らにする大規模な整地が求められると思うかもしれない。しかし、スキップフロアを有効活用するのであれば、斜面をそのまま利用しながら、個性的で利便性の高い住宅をつくることができるのである。

icocochiが伝える「スキップフロア」の魅力的な間取り

実際にスキップフロアを設置することで実現できる、具体的な間取りやデザインについて紹介していこう。それぞれの間取りやデザインを知れば、スキップフロアの夢も大きく広がるだろう。

段差をベンチに

リビングの空間にスキップフロアを採用するケースなどでよくみられるのが、その段差をそのままベンチとして活用することである。階段数段分の違いは、腰掛けるにもちょうど良い高さなのである。家族で並んで座れば、他の家ではあまりないような雰囲気を楽しむことができることだろう。
また、スキップフロアの段差をベンチにすることは、突然の来客時にも便利である。というのも、スキップフロアの段差がすぐさまベンチに早変わりしてくれるからである。段差にはついつい腰掛けたくなってしまうものだから、家を訪れた人にも喜ばれることだろう。

子供部屋をすぐそばに

リビングスペースとつながっているスキップフロアを子供部屋にする住宅が、近年、ますます増えていることをご存知だろうか。リビングに近い空間で成長した子どもは、集中力や学習能力の面で良い影響を受けると言われるほど。家族のすぐそばで勉強する癖がついていれば、多少の雑音がある場所でも落ち着いていられるし、わからないところがあればすぐに質問することが習慣づける助けにもなる。学習機会を最大限に生かせるようになるのだ。
もちろん、それだけではなく、リビングのスキップフロアに子供部屋があれば、家族のあいだでコミュニケーションを取りやすくなるし、子どもの様子もすぐにわかる、といったメリットもある。自分だけの空間で成長するのではなく、家族のなかで成長できるような環境づくりが大事であると考えるなら、スキップフロアは効果的だ。

収納スペースが格段に増える

縦方向の空間を有効活用するスキップフロアは、上方向だけでなく、下方向にも収納スペースを広げることができる。スキップフロアの用途として特に多いのが収納スペースとしての活用だろう。
段差によって生まれたもうひとつのフロアの下には、スキップフロア分の高さを持ったスペースが新たに生まれる。さらに、階段部分に収納スペースを設置することができれば、収納スペースはますます広がることになる。まるで、いくらでも収納スペースを広げることができるようだ。
さらに、スキップフロアであれば、例えばロフトのように、荷物を持って高いハシゴを上り下りする必要もないため、使い勝手も良いし、安全だ。また、蔵との相性の良さも魅力だろう。高さを抑えた蔵であれば延べ床面積に加える必要がなくなるので、固定資産税をその分かけずに収納スペースを生むことができるようになる。設置する際には各自治体への確認が必要ではあるが、有効活用の方法として覚えておきたい。

エントランスに開放感

住宅の玄関すぐのスペースにスキップフロアを設置すれば、エントランスの空間に開放感が生まれる。視線の抜けが良いのはもちろん、ドアをくぐったところにある広い空間は、訪れる人に好意的な印象を与えてくれるだろう。エントランスの高さや奥行きが「広い!」と感じることはもちろん、窓を設置すれば、日当たりや風通しもよくなる。家の玄関口となる空間に余裕と快適が生まれるのである。

ワンルームにもデザイン性を持たせる

ワンルームの空間にスキップフロアを設置すれば、部屋のデザイン性がはるかに高まることだろう。段差はもちろん、ちょっとした和風のパーテーションなどを設置することができれば、空間にメリハリが生まれ、ワンルームならではの開放感がありながら、なおかつ単調ではない引き締まった空間が実現する。
ワンルームの場合、スキップフロアをダイニングにしてしまうことも良いだろう。ワンルームのなかでも、「食事をとる空間」「リラックスしてくつろぐ空間」と言った具合に、スペースの使い方にメリハリを生むことができる。間取りのデザインは、空間の使い方のデザイン。もっと言えば、暮らし方のデザインだ。流動的につながったワンルームを、持て余すことなく、多彩に使い分けるためにもスキップフロアは有効である。
狭小住宅もそうであったように、狭いスペースを有効活用するだけでなく、お洒落な空間演出にも一役買う事ができる。狭い土地であればあるほど、どのように配置であればより活用できるのかを考えるのは楽しみになるし、完成した間取りは格別なものとなるだろう。

icocochiが伝える、スキップフロアの要となるのは「プロの設計」と「SE構法への理解」

一つの空間を段差で仕切るスキップフロアは、通常の図面よりも設計が難しく、柱が少ないので頑丈な家づくりという点にも気を配る必要がある。失敗しないためには、中二階、中三階の設計に慣れている設計士、SE構法をメインに取り扱う建築会社に設計を相談するのがおすすめ。

取材協力
icocochi(渋沢テクノ建設株式会社)
高崎のSE構法登録工務店
icocochi(渋沢テクノ建設)
icocochi(渋沢テクノ建設株式会社)

高崎市・前橋市を中心に家づくりを行う、「icocochi(渋沢テクノ建設株式会社)」のスタートは1978年から。高崎市内におけるSE構法登録工務店、重量木骨の家プレミアムパートナーとして、強固でハイセンスな木造住宅を手掛けている。

icocochi公式HPへ

電話で問い合わせる

究極の注文住宅アイディア選集編集部とは

「究極の注文住宅アイディア選集」では、家づくりを楽しむ人にとって「アイディア」となるような全国の美しい住宅を紹介している。究極の注文住宅を建てる工務店の想い、美しい施工例から、あなたの家づくりのアイディアに繋がるヒントを見つけてみてはいかがだろうか。

icocochiが描く「住」とは