平屋は地震に強いのか

平屋は地震には強い?

強いとされる理由について

平屋は2階建てや3階建ての建物より耐震性に優れていることで知られています。平屋建てが地震に強いとされる主な理由は2つあります。
まず、構造がシンプルであること。多くの平屋の住宅は、2階建てや3階建てに比べてシンプルな構造でつくられており、形状は正方形や長方形です。シンプルな構造で天井や床、壁を支えているため、地震が起きたときでも振動が分散されやすく、倒壊する危険が低いことが挙げられます。

一方で2階建てや3階建ては、建物の形が複雑な形状をしているため、振動が一点に集まりやすいぶん、倒壊するリスクが高まります。
また、平屋は高さがないことも耐震性が高い理由の一つです。建物には高さのある建物ほど振動の影響を受けやすいという特徴があります。そのため地震が起きたとき、建物が高ければ高いほど揺れ幅も大きくなるのです。その点平屋は高さがないぶん、建物にかかる負担を最小限に抑えられます。

地震に強いと言われている平屋ですが、建築年数が経っている建物に関しては注意が必要です。中古の平屋は費用を安く済ませられますが、天井や壁の劣化や柱が腐食している可能性があります。
ちなみに、築年数は耐震性を見極めるうえで重要な数字です。1981年5月31日以前に建てられた建築物の耐震基準は「旧耐震基準」、以後に建てられた建物は「新耐震基準」という条件が定められています。

前者と後者の大きな違いは、倒壊の可能性が地震の揺れのレベルで異なること。新耐震基準の建物は、旧耐震基準の建物よりも揺れに強い構造となっています。中古の平屋住宅の購入を検討している場合は、一度耐震診断を行ってから検討するのが賢明でしょう。

より強くする方法はある?

倒壊を引き起こす大きな地震の発生が増えてきた近年において、平屋住宅に住んでいても安心することはできません。地震に伴う倒壊のリスクはゼロではないため、耐震性を高める策を行うことが大切です。

耐震性を高める工夫として、壁へ補強用合板を設置する方法をはじめ、壁の数を増やす・屋根を軽くするなどが挙げられます。他にも建物建築時に施工技術を駆使したり、素材にこだわったりすることも効果的です。

また、リノベーションの際に、建物の壁のひび割れや柱の腐食を補強・修繕することで、倒壊のリスクを幾分か減らせます。
特に古い建物だと、目に見えない部分の劣化が進んでいるケースがあります。2階建ての住宅に住んでいる場合は、平屋に減築して構造自体を変え、揺れに強くする方法を取り入れるのも一つの手です。地震時に倒壊する危険を回避するためにも、可能であればリノベーションも検討してみてください。

自然災害のリスクを抑えたicocochi(いここち)

平屋住宅は、高さがなく構造がシンプルであるため、耐震性が高い建物です。また、リノベーションや補強を行うことで耐震性を高められます。

なお、icocochi(いここち)ではSE構法を採用し、地震に強い家づくりを提供しています。耐震性に優れているだけでなく、高いデザイン性でお客様が希望する間取りを実現しているのもicocochi(いここち)の魅力。

icocochi(いここち)が提案しているSE工法を取り入れれば、耐震性能の維持を叶えた平屋が実現できます。大開口や大空間を作り上げつつ、デザイン性に富んだ自由度の高い設計にも対応しているのも、大きなポイント。必要最低限な構造で間取りにこだわりたい方は、気軽に相談してみると良いでしょう。

取材協力
icocochi(いここち)
高崎のSE構法登録工務店
icocochi(いここち)
icocochi(いここち)

高崎市・前橋市を中心に家づくりを行う、「icocochi(いここち)」のスタートは1978年から。高崎市内におけるSE構法登録工務店、重量木骨の家プレミアムパートナーとして、強固でハイセンスな木造住宅を手掛けている。

icocochi(いここち)公式HPへ

電話で問い合わせる

究極の注文住宅アイディア選集編集部とは

「究極の注文住宅アイディア選集」では、家づくりを楽しむ人にとって「アイディア」となるような全国の美しい住宅を紹介している。究極の注文住宅を建てる工務店の想い、美しい施工例から、あなたの家づくりのアイディアに繋がるヒントを見つけてみてはいかがだろうか。

今あらゆる世代に評価されているicocochi(いここち)の平屋とは

icocochi(いここち)が描く「住」とは