存在感を放つ贅沢な平屋の家

群馬県高崎市にある、SE構法によって建てられた「平屋の家」。その美しい施工例と共に、施主の想いや建築会社を紹介していく。

自然の景色と暮らしを
一体化させた庭園を望む住まい
自然の景色と暮らしを
一体化させた庭園を望む住まい
自然の景色と暮らしを
一体化させた庭園を望む住まい
自然の景色と暮らしを
一体化させた庭園を望む住まい
自然の景色と暮らしを
一体化させた庭園を望む住まい
自然の景色と暮らしを
一体化させた庭園を望む住まい
icocochi平屋の家
icocochi平屋の家
icocochi平屋の家
icocochi平屋の家
icocochi平屋の家
icocochi平屋の家
建築会社
icocochi(渋沢テクノ建設株式会社)
高崎のSE構法登録工務店
icocochi(渋沢テクノ建設)
icocochi(渋沢テクノ建設株式会社)

高崎市・前橋市を中心に家づくりを行う、「icocochi(いここち)」のスタートは1978年から。高崎市内におけるSE構法登録工務店、重量木骨の家プレミアムパートナーとして、強固でハイセンスな木造住宅を手掛けている。

icocochi公式HPへ

電話で問い合わせる

icocochiスタッフが語る、
icocochi(いここち)のいい家づくり

施主からは、今まで住んでいた自宅を解体し、同一敷地内にご自身と娘さんの家の2棟を隣り合わせで建てたいと依頼があった。

施主の敷地は方位が45度くらい振れており、希望通り隣り合わせで家を建てると鬼門ラインに触れて家相が悪くなる。そこで、icocochiからは、娘さんの家を少し南東にずらし、家相の改善を提案。「お施主様は暦などもすごく気にされる方だったので、快く提案を受け入れてくださいました」とicocochiスタッフ。

家の建築を南東にずらした分スペースが余ったので、娘さん家族が希望していたバーベキュースペースをキッチンとの繋がりを配慮しながら設計。無駄を活かすスペースに変えた。

同居しているおじいさんが快適に暮らせるように、トイレや水回り、ダイニングや仏壇への動線を短く設計。ワンフロアの平屋だからこそ、回遊できる間取りで移動距離の短縮が叶った

また、おじいさんの部屋を心地よい空間にするため、部屋から四季折々に違う表情を見せる美しい庭を眺められるよう配慮。夜になると庭がライトアップし、また違う雰囲気を楽しむことができる。

庭園はおじいさんの部屋だけではなく、キッチン・ダイニングからも一望できるため、庭を眺めながら食事をするときが家族にとっての至福の時間となった。

icocochi公式HPで
施工例をさらに見る

電話で問い合わせる

支持を得続けているicocochi「平屋」の魅力

icocochi平屋の家

空間の広がりを縦方向にではなく横方向に確保する平屋には、どこか構築的な印象を与える多階建ての建築と比較すると、和の雰囲気を感じさせるからかもしれない。しかし、平屋の魅力はそれだけだろうか。あなたが知らない平屋の魅力について解説していこう。

平屋でも間取りやデザインの可能性は無限に

平屋の特徴は、構造上の自由度の高さ。二階部分による重量の制限がないため、平屋建てを選択すれば、まるでパズルを組み合わせるように自由に間取りを設計できる。中庭を擁したコの字型やロの字型の設計も、平屋建てであれば容易に実現することができるだろう。

一階部分しかもたない平屋だからこそ、ダウンフロアやスキップフロアを活用して空間を演出したり、天井高を上げて縦方向へと空間を拡張し開放感を確保することもできる。和のイメージが強い平屋だが、コンクリートやタイルなど現代的な素材を積極的に用いたモダンな平屋も人気だ。平屋だからといって、間取りやデザインの選択肢が狭まる心配はない。

なんと言っても間取りの自由さが魅力

平屋のデザインや間取りについて考えるとき、最大の特徴は、なんと言っても、「かなり自由度の高い間取りが実現できる」、例えば、全面ガラス張りの住宅といった、2階建ての住宅ではなかなか難しい、または実現できないような設計も叶えられる。実際にそれらの平屋を眺めるだけでも、自由な間取りやデザインの設計に、自分だったら、と夢を膨らませるのも楽しみ方のひとつだろう。

平屋らしい特徴的な間取りには「コの字型」や「ロの字型」に設計し、中庭を設計するというものもある。こういった中庭を屋内スペースに組み込むような開放的なデザインは2階部がある住宅ではなかなか実現できないし、中庭を取り囲むように広い窓を取り付けることができれば、屋内と屋外の切れ目を活かした間取りをつくることができる。

心理的に境界線となっているような段差をなくすことができれば、なおさら、室内空間と自然が一体化したような住宅をデザインすることができるだろう。

光を上手にとりいれることができる

光の取り入れ方ひとつとっても、平屋には間取りやデザインで無限の可能性を持っている。窓や扉といった開口部の工夫によって、平屋はひときわ洒落た空間に様変わりする。

icocochiがおこなう平家の設計にあたっては、2階建て住宅の間取りやデザインで常識となっているような開口部の配置方法とは、また違ったかたちで開口部を演出することができる。これは、平屋ならではと言うべき、「暮らしやすさ」を決定づける要素でもある。窓や扉によって光がどのように取り入れられているのか。それは、デザイン上の平屋の魅力を決定付けるのだ。

平屋はそのシンプルさゆえに、窓やドアのデザインが空間のなかで生きやすいという特徴がある。お洒落な窓やデザインから、光を上手に取り入れられるので、「平家は暗くなりがち」というイメージは、実際のショールームに足を運べば一瞬で間違ったものとして覆ることになる。屋外が見渡せる大きな固定窓を玄関部分に設置すれば、明るく開放的な気持ちになれるだろうし、室内に取り込んだ光が白い壁などに反射するように設計すれば、室内は光に包まれるだろう。

最近では、平屋のデザイン性の高さが最注目されていることもあり、雑誌などでも平屋が特集されることは少なくない。そういった特集を目にしたら、ぜひとも、窓やドアといった開口部をチェックしてみて、よくデザインされた「平屋らしい明るさ」を再発見してくれると幸いだ。

「内」と「外」の距離が近い平屋

平屋のシンプルさは、「屋内と屋外の距離の近さ」という魅力も生み出してくれる。構造上、水平的なワンフロアの住宅であるため、庭や自然との距離が近くなる。閉塞感がない、開放的な暮らしやすさが実現できるのも魅力だろう。

ワンフロアの水平移動が前提となるため、平家はどの位置にある部屋からも、ワンステップで屋外に踏み出す間取り設計が可能だ。そのため、屋外と一体化するような空間づくりを目指すことも、テラスやウッドデッキといった中間的な空間を置くことで屋外との距離感を確保することもできる。住むうえで実現したい空間が、平屋ではより自由に選択することができるようになるのだ。内と外を一体として捉えるのか、それとも、それぞれのバランスを納得するまで考えて、自由な距離感をつくるのか。そういった選択の幅広さも、平屋の魅力にほかならない。

ひときわ目立つ外観の秘密

住宅街を歩いていて、ふと平屋が目についたことはないだろうか?平屋の外観を目立たせる秘密は、映えやすい外壁や屋根の存在感だ。

平屋の外壁が目立ちやすい理由は、2階建てや3階建てではないために、平屋が横に広い住宅になることがあげられる。平屋にとってはなおさら、外壁が印象を決定づけるのである。外壁の色あい、材質による質感。それらは、平屋のおしゃれさを演出する最大のポイントなのだ。

人目につきやすい外壁は、クリーンさをイメージさせる白もよいし、最近では、ややとがった印象を与える黒やグレーの外壁の平屋も増えている。また、外壁に使われる素材も、もちろん印象を決定するポイントのひとつ。色合いやデザインの自由度が高い、窯業系のサイディングボードが最近では人気を集めているほか、金属系のサイディングボードは、日本家屋を想像するいわゆる平屋とはまた違った、金属的でスタイリッシュな印象の平屋を演出してくれることだろう。

「片流れ屋根」に集まる人気

平屋の外観を考えるうえでは、平屋の屋根もまたポイントのひとつだ。ほとんどの平屋で採用されている屋根は、「片流れ屋根」や「陸屋根」。とりわけ、一枚物に見える屋根が、一方向に傾くように設置されている「片流れ屋根」は、平屋ならではのお洒落な屋根として多く取り入れられている。角度を大きくつけることによって、家屋全体の体積を大きく見せるようなこともできるし、屋根裏スペースにロフトなどを設置することもできるだろう。太陽光パネルなどを設置するにも、平屋の「片流れ屋根」は相性が良いのも人気の理由のようだ。

柱や壁が少ないため開放的

平屋の間取りが開放的な空間になるのは、「2階部がないために天井の高さにゆとりができる」ことや、「建物の構造上、平屋であれば壁や柱が少ない設計ができる」といったことが理由だ。つまり、天井はゆとりがあって高く、水平方向には隔たりがない開放感がある。それが平屋の間取りとデザインの特徴と言っても過言ではない。さらに、屋外へのアプローチや開口部にも自由な設計ができるようになっているため、平屋の開放感はひときわ印象に残るのだ。

開放感については、平屋のデザインでとりわけ知っておいて欲しいポイントがある。それは、水平方向の開放感を活かすために、屋内はもちろん、内外における段差をできるだけ減らして、切れ目がない水平感を演出することができる、ということだ。例えば、床の高さできるだけ屋外の庭やデッキと同じにするだけでも、平屋の開放感はぐっと増すことだろう。なぜなら、内外の境界線が曖昧になることで、屋内にいながら屋外の新鮮な空気や自然の景色と一体になっているかのような開放感を感じることができるからだ。

ゆとりがある高い天井デザイン

開放感に関するもうひとつのポイントは、天井にむかった垂直方向の開放感。平屋には2階部がないため、ゆとりを持って天井の高さを確保できる。また、平屋の天井には最近、人気を集めているデザインもある。それは、平屋の玄関やリビングにおける「折り上げ天井」というデザインだ。「折り上げ天井」は、部屋の中央部分にあたる天井のスペースを、周囲の天井よりもさらに一段高くしている天井のデザインのことだが、これが空間の開放感をよりいっそう演出してくれると、平屋のデザインに取り入れる人が多くなってきている。天井に奥行きが生まれることで、空間にめりはりが生まれ、屋内に立体感があるスタイリッシュな印象を与えることができるようになるのだ。「折り上げ天井」は、ぜひ一度確認してみてほしい。

垂直方向にゆとりがある平屋住宅では、風通しもよい開放的な空間を利用したロフトを設置することも、人気になっている。「2階建て住宅ではロフトを設置してもあまり使わない」といった声があるものだが、平屋のリビング部分などロフトを設置すれば、使い勝手がよいロフトになる。天井高にも注意しながら、間取りのなかに取り入れてみたい。

高齢者や子どもに優しいのも平屋のメリット

平屋のメリットは、多層階の住宅と比べて設計が簡単であり、ワンフロアなので空間を広くとれる。高齢者が同居している場合はもちろん、遊びざかりの子どもがいる家庭であれば、生活動線が主に水平方向である平屋は不用意な事故のリスクが少ない。

家族が顔をあわせやすい

平屋に住むメリットとして、実際に平屋を選択した家族から多く聞かれる、「家族間のコミュニケーションが増えた」という点は外せない。リビングはもちろん、個々の自室もすべて同じフロアにあるため、平屋は家のなかで家族は顔をあわせやすい住環境になる。気軽にコミュニケーションをとれるし、その回数も自然と多くなる。

例えば、仕事が忙しい父親と部活で帰りが遅い子どもであれば、同じ屋根の下に住んでいても、2階に子ども部屋があると顔をあわせない日があるのも珍しくないことだろう。しかし、家族で会話をする時間が減れば減るほど、思い出も将来のビジョンも、希薄になっていってしまう。コンパクトでシンプルな平家は、そんな家族のコミュニケーションの悩みを解決してくれる。最近では、リビングを対面キッチンにしたり、趣味の時間を過ごすデッキを家族が集うリビングスペースと大きな窓でつなげるなど、家族がより近くで過ごすことができる間取り上の工夫も増えている。

生活導線がコンパクト

平屋は暮らしやすい、という声がよく聞かれる。例えば、2階に移動するため階段を登る必要はなく、平家ではそれぞれの部屋が近いため、それぞれの場所への移動距離が短い。要は生活導線がコンパクトにできるということだ。部屋から部屋への移動に限らず、洗濯物や重い荷物を持って移動することを想像すれば、毎日の生活導線のコンパクトさは、家事の労力や時間に直結する。付け加えるなら収納の出し入れに高さがないことも忘れてはならない。小さなことが積み重なれば、平屋の暮らしやすさは、複数階の住居と差をつける。

平屋の暮らしやすさは、単に移動の労力と時間が少ないことだけではない。例えば、「子どもが階段から落下してしまった」「高齢の両親が段差で転んで怪我をした」といったリスクを減らすこともできる。その家に家族いつまでも過ごしていくのであれば、自分自身が高齢になった時のことも考えなければならない。平屋の過ごしやすさは、一生モノの財産になる。

光熱費を抑えられる

光熱費、税金、メンテナンスコストなどは、住宅に住むにあたって必ずかかるコストだが、平家はそういったコストを抑えられるのは覚えておいてほしい。例えば光熱費。平屋では、家族がリビングに集まって過ごすことが多いため、電気代や冷暖房代を抑えることができる。冷暖房については、2階建ての住宅で各々の自室で過ごすよりも、 コンパクトな平屋の間取りのために効率が良い。

メンテナンスや税金面でもメリット

メンテナンスにかかるコストとは屋根や外壁の塗装になるが、平屋は2階建てより安く済ませることができる。特に費用に大きな差がでるのは、高所作業の足場が不要な点。定期的なメンテナンスが必要な外壁や屋根の塗装において、コスト削減が期待できる。

また、固定資産税などの税金も、2階建ての住居より低くなる可能性がある。なぜなら、固定資産税は住宅の床面積が評価対象になるからだ。車庫の床面積など注意すべき点はあるが、税金を低くできる公算は小さくない。

地震などの自然災害時に安心感

平家は地震や台風といった自然災害時でも比較的、安心して過ごすことができると言える。それは、建物の高さが低いうえに、横にどっしりと広い構造になるので、揺れや強風に対して安定感があるからだ。いわゆる「耐震性」とはまた異なる話ではあるが、二階建ての住宅と比べれば、安定感の差は一目瞭然。自然災害のリスクを考えれば、リスクを抑えた住宅を選びという点でも覚えておきたい点だ。

全世代対応のバリアフリー造り

平屋の暮らしやすさでも少し触れたが、平屋はとりわけバリアフリー上のさまざまな課題を解消してくれる。2階部に上がるといった垂直方向の移動は、高齢になればなるほど負荷がかかる。身体機能が低下することで、踏み外しや転落といった事故は誰にでも発生するリスクがある。

バリアフリーで優しい平屋は、子どもにとっても優しい。子育て世代にとって、とりわけ小さな子どもの落下事故は心配の種だが、水平方向の移動がほとんどである平屋ではその心配もない。それに、平屋はコンパクトで隔たりがない空間にできる。家事をしながら、子どもの様子を同時にみることもできるという設計も十分に可能になっている。

ミニマルな暮らしにもぴったり

高度成長期の大量消費社会も過去になり、現代ではモノを持たない暮らし方が注目を集めているし、シンプルな暮らしに憧れている人は少なくないだろう。「暮らしを見直したら、こんなにたくさんのモノはいらなかった」という視点にも立てる。平屋の場合、単純にバリアフリーな家として優れている、というだけでなく、ライフスタイルにぴったりの暮らし方ができる家として、魅力的な選択肢になることだろう。

平屋は複数階の住宅よりも収納のスペースが限られるもの。暮らすにあたって、不必要なものを手放すことになる。なにかを購入するにあたっても、よく考えるようになるため、無駄遣いもしなくなるだろう。自分のライフスタイルにぴったりの家で過ごすことが、幸福な暮らしを実現してくれることだろう。

icocochiが伝えたい「平屋こそ繋がりを魅せられるSE構法で」

SE構法によって建てられた平屋であれば、壁を減らして空間の隔たりを作らないことで、どこにいても家族の存在を感じられる空間になるだろう。icocochiの豊富な施工例を見ても、SE構法の自由度の高さは一目瞭然だ。木造住宅の新しい可能性を感じるicocochiの施工例一覧は以下から。

取材協力
icocochi(渋沢テクノ建設株式会社)
高崎のSE構法登録工務店
icocochi(渋沢テクノ建設)
icocochi(渋沢テクノ建設株式会社)

高崎市・前橋市を中心に家づくりを行う、「icocochi(渋沢テクノ建設株式会社)」のスタートは1978年から。高崎市内におけるSE構法登録工務店、重量木骨の家プレミアムパートナーとして、強固でハイセンスな木造住宅を手掛けている。

icocochi公式HPへ

電話で問い合わせる

究極の注文住宅アイディア選集編集部とは

「究極の注文住宅アイディア選集」では、家づくりを楽しむ人にとって「アイディア」となるような全国の美しい住宅を紹介している。究極の注文住宅を建てる工務店の想い、美しい施工例から、あなたの家づくりのアイディアに繋がるヒントを見つけてみてはいかがだろうか。

icocochiが描く「住」とは