空へと伸びる大空間の家

群馬県高崎市にある、SE構法によって建てられた「大空間の家」。その美しい施工例と共に、施主の想いや建築会社を紹介していく。

自然の美しさを取り込む
ダイナミックな大空間
自然の美しさを取り込む
ダイナミックな大空間
自然の美しさを取り込む
ダイナミックな大空間
自然の美しさを取り込む
ダイナミックな大空間
自然の美しさを取り込む
ダイナミックな大空間
自然の美しさを取り込む
ダイナミックな大空間
icocochi(いここち)大空間の家
icocochi(いここち)大空間の家
icocochi(いここち)大空間の家
icocochi(いここち)大空間の家
icocochi(いここち)大空間の家
icocochi(いここち)大空間の家
建築会社
icocochi(いここち)
高崎のSE構法登録工務店
icocochi(いここち)
icocochi(いここち)

高崎市・前橋市を中心に家づくりを行う、「icocochi(いここち)」のスタートは1978年から。高崎市内におけるSE構法登録工務店、重量木骨の家プレミアムパートナーとして、強固でハイセンスな木造住宅を手掛けている。

icocochi(いここち)公式HPへ

電話で問い合わせる

icocochi(いここち)スタッフが語る、
いここちのいい家づくり

icocochi(いここち)モデルハウスの外観(特に北面のファサード)を気に入り、近いイメージの外観を要望していた施主。icocochi(いここち)スタッフとしては、夏の日射等様々な理由からモデルハウスの外観に寄せることは推奨していなかったものの、施主の強い要望を受け、南面に大開口・吹き抜けの窓を設けた住居を設計した。

敷地が高台にあり、伊香保方面の景色がリビングから良く見えるため、南面の開口は最大限とれるように計算。自然豊かな山とその合間から見える温泉街の灯りは、まるで一枚の美しい絵画のよう。

間取りについては、「LDK内を子どもがグルグルと走り回れる空間にしたい」「和室を客間として使用したい」という施主の要望から、LDKと和室を一つにし、開放感のある大空間を提案した。

当初、施主からは「和室には引き戸を設けて仕切れるようにしたい」という話もあったが、「それだと空間が完全に分かれてしまうような気がしました」とicocochi(いここち)スタッフ。結果的に、仕切る際にはプリーツスクリーンを使用しているものの、基本的には壁のないスッキリとした空間にできるように。こうして、LDKの開放感、大空間へのこだわりが詰まった住居が完成した。

icocochi(いここち)公式HPで
施工例をさらに見る

電話で問い合わせる

繋がりを生み出すicocochi(いここち)「大空間の家」の魅力

icocochi(いここち)大空間の家

リビングやダイニングを壁で仕切らない「大空間の家」の魅力は何だろうか。メリットだけではなく、注意点も交えて紹介する。

大空間だからこそ自由自在に間取りを楽しむ

従来の住宅では、壁で部屋を仕切る間取りが一般的であったが、SE構法による大空間の家であれば、キッチン・ダイニング・リビングを一つの空間に広く設けることができる。可能な限り壁や柱を設けないことが大空間の基本になるが、スキップフロアやダウンフロア、吹き抜けなどひと工夫加えることも開放的な空間づくりのポイントだ。

SE構法による大空間の家のメリットは、空間に広がりや繋がりをもたらすことだけではない。 耐震上、必要最低限の壁と柱だけで新居の基本設計を行うことができるので、後に仕切りが欲しくなっても、建具や家具を設置することで簡単に間取りを変えることが可能だ。

断熱性能に気を配れば快適な空間に

大空間の家を建てるにあたって、気を配りたいのが「住居の断熱性能」だ。大空間の家は、壁が少ないだけ冷暖房効率を下げないための工夫が必要。住宅の断熱性能を上げることはもちろん、空気の対流や季節ごとの日差しの入り方などを考えて設計することで、夏は涼しく、冬は温かい住居が叶う。

のびのびと過ごせる開放感が魅力

なんと言っても、大空間の家は開放感がまったく違う。家族が憩う場所であるリビングをはじめ、キッチンやダイニング、さらには屋外のウッドデッキまでをもひとつながりにするような大空間。そこに足を踏み入れたら、思わず背伸びをしてしまうような、のびのびと過ごせる開放感に包まれることだろう。家族と一緒にひとつの空間にいながら、手狭さなどを感じさせない。自由な距離感を生み出せば、それは贅沢な時間にもなる。実際、そんな開放感を「普段の暮らしに取り入れたい」と、注文住宅でも大空間の設計や間取りを検討する人は多い。家族みんなが快適だと、コミュニケーションも豊かにはずむだろう。

採光性が高まり屋内が明るくなる

大空間の家の魅力として、「部屋がとても明るくなる」というメリットをあげる人は非常に多い。実際に、吹き抜け構造を採用して、天井や壁に大きな窓を取り付けたら、それだけ日光をたくさん取り入れられるため、屋内は一気に明るくなる。室内にいながら、まるで屋外であるかのように、部屋のなかが光につつまれた快適な空間になるのだ。

大空間の家なら、土地の向きや近隣住宅の位置といった住環境のために、採光性が低い場所であっても、明るい室内をつくることができる。

また、大空間の家は冬でも明るい。季節によって太陽の角度が低くなっても、吹き抜けの窓は光を取り込んでくれるのだ。明るくて温かい太陽の光は、それを受け取る人間のこころまで明るくしてくれる。一緒に過ごす家族の時間もより楽しめるだろう。

狭小住宅でも広く感じられる

大空間には、同じ広さであっても視覚的により広く感じさせてくれるメリットもある。都心部を中心に流行っている狭小住宅でも、これは有効。吹き抜けなど、大空間の設計を極小住宅に取り入れたら、実際の広さよりも視覚的に広い感覚を得られるのだ。無駄なものを持たないミニマリストにも人気の狭小住宅では、必要なものしかそろっていないので、大空間をより広く感じさせてくれるだろう。

書斎や寝室のように、プライベートを過ごす空間が手狭でも、リビングに吹き抜けを確保してあげたり、近隣の住宅との位置関係をみながら窓を設置してあげれば、狭小住宅でも大空間をつくりだせる。もちろん、より明るくなって風通しもよくなるため、 ぜひ取り入れたいところだ。

オシャレな間取りやレイアウトも

大空間の家では、「大空間ならでは」と言うべきオシャレな間取りやレイアウトも実現できる。例えば、部屋の中間に柱がない大空間だ。キッチンのカウンターからダイニング、リビングにかけて、大空間の家を設計すれば、視線を遮る柱がない、開放的な間取りが可能になる。アイランドキッチンにすれば、料理をしながら、リビングで過ごす家族の様子も見ることができるだろう。

趣味を存分に楽しめるデザインも、大空間の家の醍醐味。例えば、大空間の壁面に大きな本棚をつくってみるのも良い。吹き抜けのリビングに、床から2階部分近くの高さまで本棚を設置すれば、本が好きな人にはたまらないものになるはずだ。また、大空間ならささやかなゴルフの練習場を設置するのも可能。映画好きなら、大きなスクリーンにプロジェクターで映像を投影して、シアタールームをつくることも夢ではない。自然のなかに大空間がある家を建てれば、周囲の自然と連続しているような自然豊かな空間になるだろう。

気になる「熱ロス」も対処できる

大空間の家で心配なのが、暖房効率が悪くなり光熱費が高くなること。寒い冬場にせっかく暖房をつかっても、温かい空気が天井へ逃げてしまい、「寒い家になるのでは」という声は少なくない。こういったいわゆる「熱ロス」だが、対処可能な手段はいくつかある。

例えば、サーキュレーションファン。吹き抜けなどの大空間に、サーキュレーションファンが取り付けられている光景を目にする人も多いだろう。これは天井近くにある温かい空気を、空間全体に対流させる目的で取り付けられたものだ。こうすれば、部屋全体に温かい空気が行き渡る。

また、住宅全体の断熱性能を高めて、熱を逃さない工夫をすることも有効だ。ガラスが3枚のあいだに特殊なガスが封入されている「トリプルガラス」のサッシを導入すれば、外気によって室内が急激に冷えるのを防げる。また、夏場に冷房が効かなくなる場合に備え、窓に「Low-Eガラス」を採用するのもひとつの手だ。ガラスの表面部分に金属膜加工が施されており、暑さの原因となる赤外線や紫外線を反射してくれるから、夏でも過ごしやすい空間になる。

大空間の家でも耐震性を高められる

大空間の家でもうひとつ心配な点は「耐震性」の問題。空間を広くとることで、壁や柱が減ってしまい、建物全体の耐震性が落ちてしまうのではないか、という声も少なくない。確かに、これには一理ある。大空間をつくることで、二階部分や屋根を支えている柱と壁が少なくなってしまえば、心配になるだろう。しかし、大空間の家でも耐震性を高める工夫はいくつもある。

最も有効な手段のひとつは、耐震性に優れた「SE構法」を採用することだろう。木造ながら強度も高いSE構法は、壁や柱を減らして大空間をつくっても、強度面に心配はいらない。強固な構造躯体を構成するため、SE構法では柱や梁を互いに剛接合する。住宅全体でしっかりと構造計算を行うことで、地震の揺れはもちろん、台風などによる強風の負荷も予測して、それらに耐えられる耐震強度を実現できるのだ。

また、大空間の家であっても柱と共存する空間デザインを取り入れることはできるだろう。古い家屋のリフォームでも採用されやすい手法だが、耐力上必要な柱を「空間のアクセント」としてあえて見せる状態にすることが珍しくない。新築の住宅でも同じである。壁をとりはらって大空間をつくるとしても、柱をあえて残し、テーブルやシェルフといった家具と一体化させることで、柱をオシャレに見せる方法もよいだろう。

掃除やメンテナンスがしやすい設計を

吹き抜けなどの大空間の家で意外と困り事になるものが、メンテナンスや掃除に手間がかかるということ。空間が広いことで掃除の時間がかかるだけでなく、窓が高いところにあるぶん、ガラスの汚れが拭けない・天井の照明器具の電球が交換できない、といった事態になりかねない。

そのため、大空間の家では掃除やメンテナンスがしやすいように工夫を施すことが肝心。空間のデザインや間取りとの兼ね合いにもなるが、例えば、吹き抜け空間の掃除通路となる「キャットウォーク」を設けておいたり、天井に吊り下げる照明器具だけでなく、天井面や壁面を照らすことで空間全体を明るくする、といった工夫などだ。電球を交換する場合は、階段などの段差でも使える脚立や、ランプチェンジャー・電動昇降機といった、高所に設置された電球交換に適した器具等をうまく活用しよう。

「パッシブデザイン」が快適な暮らしのヒントに

「パッシブデザイン」という言葉をご存知だろうか?太陽光や日陰、風など、身の回りにある自然のエネルギーを上手に取り込むことで、快適な暮らしをつくりだすという考え方、それが、パッシブデザインだ。大空間の家づくりでも、パッシブデザインを取り入れることが快適な暮らしのヒントになる。

大きな開口部となる窓からの太陽光を遮るために、庭に落葉樹を植える方法もあれば、自然の風の通り道を家のなかに設けて、熱気を逃がす手法もある。大空間の家は自然のエネルギーを受け取りやすい。だからこそ、暮らしやすいものにできるはずだ。

耐震性が心配、でも木の家を選ぶならSE構法が正解

柱や壁が少なくなる大空間の家だからこそ、耐震性能が気になるのは当然のことだろう。RC造の設計を木造住宅に応用したSE構法であれば、柱が少なくても強度を担保できる。木のぬくもりを取り入れつつも、大空間の家を建てたいと考えるのであれば、SE構法を活用した家づくりを検討してみてはいかがだろうか。

取材協力
icocochi(いここち)
高崎のSE構法登録工務店
icocochi(いここち)
icocochi(いここち)

高崎市・前橋市を中心に家づくりを行う、「icocochi(いここち)」のスタートは1978年から。高崎市内におけるSE構法登録工務店、重量木骨の家プレミアムパートナーとして、強固でハイセンスな木造住宅を手掛けている。

icocochi(いここち)公式HPへ

電話で問い合わせる

究極の注文住宅アイディア選集編集部とは

「究極の注文住宅アイディア選集」では、家づくりを楽しむ人にとって「アイディア」となるような全国の美しい住宅を紹介している。究極の注文住宅を建てる工務店の想い、美しい施工例から、あなたの家づくりのアイディアに繋がるヒントを見つけてみてはいかがだろうか。

今あらゆる世代に評価されているicocochi(いここち)の平屋とは

icocochi(いここち)が描く「住」とは