個性が活きる庭が広い家

群馬県高崎市にある、SE構法によって建てられた「庭が広い家」。その美しい施工例と共に、施主の想いや建築会社を紹介していく。

大開口の窓から
庭への繋がりを眺める
大開口の窓から
庭への繋がりを眺める
大開口の窓から
庭への繋がりを眺める
大開口の窓から
庭への繋がりを眺める
大開口の窓から
庭への繋がりを眺める
大開口の窓から
庭への繋がりを眺める
icocochi庭が広い家"
icocochi庭が広い家"
icocochi庭が広い家"
icocochi庭が広い家"
icocochi庭が広い家"
icocochi庭が広い家"
建築会社
icocochi(渋沢テクノ建設株式会社)
高崎のSE構法登録工務店
icocochi(渋沢テクノ建設)
icocochi(渋沢テクノ建設株式会社)

高崎市・前橋市を中心に家づくりを行う、「icocochi(いここち)」のスタートは1978年から。高崎市内におけるSE構法登録工務店、重量木骨の家プレミアムパートナーとして、強固でハイセンスな木造住宅を手掛けている。

icocochi公式HPへ

電話で問い合わせる

icocochiスタッフが語る、
いここちのいい家づくり

元々、土地からの購入を予定し、両家の実家の中間場所で計画を進めていたが、最終的に旦那さまの実家敷地内での建設に変更。

土地分の予算は浮いたが、隣が母屋のため、ご両親との関係は保ちつつもプライバシーの確保が課題だった。課題をクリアするために考えたのが、現在のL型の家になる。また、敷地の条件、親世帯との駐車場の使い勝手の効率を考え、車を半ビルトインにて駐車できるようにした。

間取りにおいてこだわった点は、明るさ、収納、中二階のスタディルーム。スタディルームは子どもが遊んだり、読書したりする場所だが、リビングからお互いが常に見えるようにと施主から要望を受け設計した。

また、部屋を明るくするために南に大きな窓を取り、部屋から見える外の景色にも配慮。広い庭と窓の先のウッドデッキが室内と一体となり、開放感を楽しめる。

初期のプランより半分以下の広さになってしまったが、外構工事もicocochiで請け負い、施主からは希望に近い家が完成したと、喜んでいるそうだ。

icocochi公式HPで
施工例をさらに見る

電話で問い合わせる

icocochi施主が語る、
いここちのいい暮らし

icocochiで家を建てた、小林さん一家にお話を伺った。家づくりにおいてどのようなことにこだわったのだろうか。

土地の広さじゃない、住む人を考えたicocochiの提案に信頼できた

icocochi庭が広い家

高崎市内に建つ、小林さんご一家のお宅。広々とした人工芝の庭が印象的な一軒だ。自慢の庭を臨み、ワンフロアのLDKに自然光を取り込む大きな窓は、吹き抜けや高窓からの採光、壁の白さとが相俟って、非常に明るい空間を演出している。

共働きで平日は子どもと関わる時間が少ないため、家族同士の顔がよく見える家づくりを念頭に置いてicocochiに設計を依頼。ご夫婦の要望通り、SE構法だからこそ叶った仕切りのないワンフロアはお互いの顔を合わせやすい

そもそもなぜicocochiに家づくりを依頼したのだろうか。「最初は、icocochiの木目調と白の明るいデザインに好感を持ったり、SE構法の耐震性に惹かれたのですが…。最終的には、住む人の動線や目線にまで気を配り、住み心地を一番に考え大事にしてくれるところが決め手になりました」とご主人。

「このスペースは何畳だからこのように活用しましょう」と提案をするハウスメーカーが多いなか、ヒアリングを重ねたうえで「住み心地や生活スタイルを考えたらこうした方が良い」と、住む人のライフスタイルをもとにしたicocochiの提案が信頼につながったという。

土地変更で再設計もicocochiの手で遊び心ある空間に

ワンフロアのLDKにあるスキップフロアを上がると、ちょっとした部屋のような空間が。そこは階下のワンフロア、そして大きな窓の向こうに広がる庭まで見下ろせる特等席になっており、休日や夜間は家族団らんの定位置になっているという。「家族同士の顔がよく見える家づくり」を希望した、小林さんご一家の想いがよく表れているスペースだ。

このスキップフロア、icocochi設計士の機転で生まれたものだった。もともと、別の土地に家を建てるはずだった小林さんご一家だが、諸事情からご実家の隣に家を建設することに。既に間取りの設計まで終えていたため、新たな土地の状況に合わせて再設計。それにより、半ガレージになった駐車場の突き出た部分を活用したのが、スキップフロア上のスペースなのだとか。

「遊び心のあるスキップフロア上のスペースは、子ども達にとってもお気に入りの場所。これからも、スキップフロア上のスペースを気に入って過ごしてくれたらうれしいですね。私たちはリビングから子ども達の姿を確認できますし、子ども達が大きくなったらもっと家族の会話を楽しめると思っています」とご夫婦は語る。

相談が期待以上の結果に。こだわりのキッチンが完成

icocochi庭が広い家

料理好きのご夫婦が特に気に入っているのが、テレビを見ながら料理ができるアイランドキッチン。振り返れば広い作業スペースがあり、前後の移動で料理ができるため移動が少なくて済む。

キッチンの導入に至っては、icocochiではほとんど前例がなかったというMiele(ミーレ)の食洗機やラクッキンググリルを採用している。

「キッチンの幅が足らずにMieleの設置が困難だったり、どうしてもこだわりたかった白い扉のシステムキッチンが見つからず、本当に苦労しましたよ。何度も壁にぶつかりましたが、その度にicocochiスタッフの方が親身になって対応してくれて。結果、何一つ妥協せず予算内で理想のキッチンにすることができました」とご夫婦。

icocochiスタッフに相談した結果、理想のキッチンが叶っただけではなく、予算内で収まるという期待以上のものが返ってきた。icocochiとともに苦労した分、家族のキッチンへの思い入れは深い。

取材時点ではまだ「引き渡しから9ヶ月」の新築において、今後、小林さんご一家は庭をもっと活用したいと語る。「子ども達が夏に水遊びをする際に裸足でも歩けるよう、チクチクしないやさしい肌触りの人工芝を選びました。肉料理が得意なので、バーベキューも楽しみたいですね」とご主人。

広いからこそ、庭の使い方はいくらでも浮かぶ。子ども達が成長しても、庭を中心に家族のコミュニケーションが活性化しそうだ。

使い方は自分次第なicocochi「庭が広い家」の魅力

icocochi庭が広い家

庭が広い家を建てようと考えたとき、どのような点に気を付けるべきなのか。ポイントを踏まえて紹介する。

庭づくりは明確なイメージが重要

庭づくりは、どのような庭にしたいのかを明確に工務店へ伝えることがポイント。例えば、「眺める庭」にするのか、「使う庭」にするのか、目的によって気を付けるべき点が変わってくる。

眺める庭にするのであれば、どこから何を見せて何を見せないのか、視線を考えた庭づくりを意識すると良い。使う庭にするのであれば、用途によって異なる動線を考えた庭づくりを意識したい。

いずれにしても一番気にすべきなのは、外からの視線対策ではないだろうか。家のデザインに合わせて、植木やフェンスを工夫してみると良い。目隠しにもそれぞれメリット・デメリットがあるので、事前に工務店に確認しておこう。

プライバシーを完全に守るならロの字型の中庭が正解

敷地の広さによっては、中庭の設置を考えてもいいだろう。庭側に面した大きな掃き出し窓だと防犯上の懸念がどうしても残る人にとっては、開放感とプライバシーを両立できる中庭は良い選択肢になるはず。

中庭の代表的な形としては、コの字型とロの字型がある。どちらも家を文字の通りの形に作り、その中央に中庭を取り込む方法。コの字型は、庭を完全に囲う形ではないため、より開放感のある中庭になる。ロの字型は、建物の中に庭を設けるため、より広い敷地が必要かつ、排水に注意しなければならない。ただし、完全なるプライベート空間を実現するなら、ロの字型の中庭が適している。

icocochiらしい「庭が広い家」の楽しみとは?

戸建ての家を建てるなら、広い庭を想像しゆったりとしたライフスタイルに思いを馳せるのではないだろうか。マンションでは得られない、自宅のプライベート空間にもかかわらず、自然に近い開放的な屋外の空気を、思い切り吸うことができる。「庭が欲しいから」という理由で、戸建ての家に憧れる人たちも珍しくはないだろう。

そんな広い庭では、いったいどんな楽しみ方ができるのか見ていこう。

四季折々の自然を感じることができる

庭が広ければ、そこで感じとることができる自然もまた様々。仕事や子育てなどでいつも忙しい日常を送っている人や、近隣に自然豊かな場所がないため人は、じっくりと自然を感じる時間を過ごすことが難しいかもしれない。そんな人ほど、広い庭で感じる日の光、風、緑などに触れることができれば、「ああ、やっぱり自然はいいなあ」と実感できることだろう。

広い庭は、ちょっとした自然の眺めにもなってくれる。特に日本は、四季折々で自然が見せる情景が移り変わってゆく。自宅にいながら春夏秋冬の自然を感じることができるだろう。春は花が咲き、夏はセミが鳴き、秋は木々の葉が紅葉で色づき、冬は雪が降る。そんな四季の自然を自宅のなかで感じることができれば、忙しい日常のなかで落ち着ける時間をつくることができる。また、庭が広ければ、部屋の窓からも眺めを楽しむことができる。オフィスにこもって仕事をしている人ほど、自宅で感じることができる自然は、リフレッシュにもってこいだろう。

子どもの安全な遊び場に

街中には、子どもが安全に遊べるスペースが徐々になくなってきていると言われて久しい。路上や駐車場は言うまでもなく、大人の目が届かないところもやはり不安が大きいもの。近くに広い公園があればよいが、まだ子どもが小さいうちは子どもだけで行かせるのも考えてしまうし、忙しいときは、大人が長時間付き添うことも難しいだろう。

しかし、自宅に広い庭があればそんな悩みも悩みではなくなる。プライベート空間だから自動車が行き交うこともない、子どもを自由に遊ばせても安心だ。自宅であれば子どもを見守ることできるだろう。それに庭が広ければ、例えば夏であれば、ビニールプールも用意して遊べるなど、ちょっとした子ども用の遊具を設置することも可能が。なにより、広い庭であれば、子どもが走って遊ぶこともできるのだから、思いっきりのびのびと楽しい時間を過ごさせてあげることができる。

ガーデニングの幅が広がる

庭があることの楽しみとして、外せないのはやはりガーデニングだ。それも広い庭で楽しむガーデニングは、できることの幅が大きく広がる。季節ごとの草花の鉢をホームセンターなどで購入して設置するだけではなく、実際に地面に植えてあげれば、植物は活きいきとした表情で応えてくれることだろう。種から育てれば、植物が成長する様子を自宅にいながら楽しむこともできる。

それに、ガーデニングと並んで人気が高い「家庭菜園」も醍醐味だ。広い庭なら、家庭菜園の畑を設けるだけでも、新鮮な野菜を育てることができる。トマトやオクラといった育てやすい夏野菜をはじめ、ナス、ジャガイモ、ネギなど、自宅でつくることができる野菜は多い。イチゴなども育てることができたら、子どもはも喜んでくれるのではないだろうか。自宅で育てた野菜は安心して味わうことができるし、達成感も得られる。

隣家と距離を保てる

広い庭は近所からプライベートを確保する距離もつくりだしてくれる。庭が広いことで、隣家と距離ができ、密着感を緩和できることはもちろん、生活音なども減らしてくれるのだ。マンションのようにすぐそばで隣り合っていないため、日常生活で音の問題を意識しなくてもいいことは、ストレスフリーな暮らしになる。また、広い庭があることで住宅の影が届かなくなり、自宅の採光量を増やすことができることも、嬉しい。

広い土地は資産に

戸建て住宅は、購入することで将来にわたって自分たちの資産になる。建物の価値は経年劣化にともない低下してしまうものだが、土地に関しては、価値が下落する心配はあまりない。つまり、広い庭を持っていれば、そのぶん土地も広くなるため、より高い価値がある資産を保有しておくことができる、というわけだ。

さらに土地の価値は、周辺エリアの開発が進む、人気の施設が新しくできる、などによって、さらに向上する可能性がある。広い庭を将来の資産と考えて検討してみたいものだ。

icocochiが勧める「庭が広い家」をつくるポイントは?

広い庭を理想通りにつくるためには、どのようなポイントやステップがあるのだろうか。DIYで着手するにせよ、住宅メーカーや専門業者に依頼するにせよ、考えておきたいことや準備しておきたいものは同じ。最終的な庭の仕上がりに満足するために必要なポイントを解説してみたい。

予算を決める

広い庭を理想通りにつくるためには、どのようなポイントやステップがあるのだろうか。DIYで着手するにせよ、住宅メーカーや専門業者に依頼するにせよ、考えておきたいことや準備しておきたいものは同じ。最終的な庭の仕上がりに満足するために必要なポイントを解説してみたい。

予算を決める

広い庭をつくるために、どれだけの予算を確保することができるのか、まずは考えてみよう。エクステリアなどの庭の工夫はもちろん、芝生や舗装といった地面の処理、整地が必要なスペースがどれほどあるのか、植樹するならばどれほどのコストをかけることができるのか。こういったある程度の予算感を見ておかなければ、コストの配分に失敗してしまい、全体の仕上がりに失敗してしまうかもしれない。まずは予算を決めておこう。

自分の土地を調べる

すでに土地がある場合は、広い庭をより素敵なものにするために、自分の土地の方角や住環境、広さなどをよく調べておこう。ガーデニングや家庭菜園をしたい場合は、メジャーなどで広さを測定しておいたほうがいい。光の差す方向、影が落ちる場所など、一日のなかで庭の環境がどのように変わるかについても熟知していれば、理想的な庭をデザインするさいに、環境を活かした庭づくりを行うことができるようになる。

理想の庭を考える

予算の次に考えたいのが、自分や家族にとって理想的な広い庭は具体的にどのようなものか、ということだ。最初のステップは情報収集。ガーデニングの雑誌や庭づくりのウェブサイトなど、様々は広い庭のデザインや映像に目を通しているうちに、理想的な広い庭のヒントが見つかることだろう。「こんな庭にしたい!」というアイデアが浮かんだら、すぐに書き留めておこう。それを元に家族たちと広い庭について話し合うことも、楽しいものだ。

デメリット対策をしておく

広い庭にも、確かにデメリットはある。しかし、十分に対策をすることで、より快適な庭にすることができる。広い庭で注意しておきたいことはまず、自宅の前の道路や隣家など周囲に対してプライバシーを確保しておきたい、ということ。子どもを広い庭で遊ばせるためにも、ある程度の背丈がある樹木を配置したり、柵を設けておくことで、広い庭のプライバシーを確保しよう。柵や樹木の設置にあたっては、庭の導線や近隣の目線の高さなどを考慮することで、圧迫感を緩和することもできる。

次に広い庭で注意したいことが、手入れの手間。面積が広い分、芝生刈りや雑草の処理には、より時間がかかってしまうことだろう。秋には落ち葉も気をつけたいし、夏は虫の発生も気になるところ。広い庭の手入れを行うヒントは、いくつかある。例えば、庭の手入れをこまめにおこなったり、日取りを決めて家族のイベントごとにしてしまう。子どもと一緒に手入れをすれば、家を大事にすることを学んでくれることだろう。また、広い庭の管理が自分たちだけでできない場合は、庭師をはじめ、業者に依頼することも一手だ。

icocochiが伝えたいこと
建物の設計に影響する庭づくりはSE構法で叶えよう

広い庭といっても、どのような形状の庭を設けるかによって見え方は全く異なる。また、建物の二階部分に庭を設けたり、中庭を設けることで、建物の設計を工夫するケースも出てくるだろう。その場合気にすべきなのは、建物の耐震性。理想の家づくりを叶えつつ、建物の安全性にも配慮するならSE構法での家づくりを検討してみては。

取材協力
icocochi(渋沢テクノ建設株式会社)
高崎のSE構法登録工務店
icocochi(渋沢テクノ建設)
icocochi(渋沢テクノ建設株式会社)

高崎市・前橋市を中心に家づくりを行う、「icocochi(渋沢テクノ建設株式会社)」のスタートは1978年から。高崎市内におけるSE構法登録工務店、重量木骨の家プレミアムパートナーとして、強固でハイセンスな木造住宅を手掛けている。

icocochi公式HPへ

電話で問い合わせる

究極の注文住宅アイディア選集編集部とは

「究極の注文住宅アイディア選集」では、家づくりを楽しむ人にとって「アイディア」となるような全国の美しい住宅を紹介している。究極の注文住宅を建てる工務店の想い、美しい施工例から、あなたの家づくりのアイディアに繋がるヒントを見つけてみてはいかがだろうか。

icocochiが描く「住」とは